姫路交響楽団のマーク姫路交響楽団

Himeji Symphony Orchestra

お問い合わせ、感想その他はhime-kyo@nifty.comまで

M氏の部屋~ある一ファンからのメッセージ~

姫路交響楽団の創立当時から演奏会を聴きにお越しくださる熱心なファンの方がいらっしゃいます。その方(M氏)が2002年の第48回定期演奏会から演奏会をお聴きになった感想を私たちに寄せていただくようになりました。これはあくまでも個人の方の私見ですが、多くの方たちにも是非読んでいただきたく、ご本人の了解の元、ホームページ上で公開する事に致しました。

目次

    

(古典シリーズ第9回演奏会)響きの大切さ

うだるような暑さの中、出かけてみるものである。姫路交響楽団の古典シリーズVol.9の姫路公演を面白く聴かせてもらった。ベートーベンの歌劇「レオノーレ」序曲第3番と交響曲第5番「運命」、モーツァルトのオーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットと管弦楽のための協奏交響曲の3曲である。際立ったのはいずれも弦楽部門の充実ぶりだろう。

まず「レオノーレ」は弦楽器の響きに管の音色がうまく溶け込んで、オーケストラの表情が多彩、引き締まったものになった。音楽は重苦しい序奏から淡々と進んで、劇的な起伏をすっきりと描いて見せた。ドラマの起承転結と演奏のリズムが重なりを見せ、ドラマを彷彿とさせながらも、音楽の流れが自然で押しつけがましさが感じられない。それでいて説得力のあるドラマを示してくれたのは、姫路交響楽団がようやく手にした響きの豊かさと柔軟さにあるだろう。気負いがなくしっくりとくる演奏でした。垢ぬけのした音楽を聴かせてくれた。

モーツァルトの協奏交響曲は、独奏管楽器がオーケストラと対等に渡り合い、合奏協奏曲の趣があった。オーケストラが単なる伴奏ではなく、自己主張を伴った仕掛けを行ったからだろう、弦楽器が響きのいい味を出して、独奏管楽器の色調とオーケストラの絡み合いが面白くなった。オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットがオーケストラと一面的な顔合わせで終わらずに、さまざまな魅力ある表情を協調して引き出したのは、音楽の喜びそのものであると言えるだろう。オーボエとクラリネットがめりはりの利いたリズム感で曲の粋な風味を軽やかに楽しませたし、ファゴット、ホルンも花を添えるような表情で応えた。全曲を通し、ひたむきで親しみの持てる演奏を聴かせたが、独奏管楽器に即興的な自在さがあれば、もう一歩踏み込んで、さらに面白くなっただろうと、少し惜しい気がして......これは余談である。

ベートーベンの交響曲第5番は情報がありすぎて扱いの難しい曲なのに、作品の力と技が織りなす呼吸を捉え、含みのある音楽に仕上がった。黒田氏は第一楽章の二つのフェルマータで、最初の方は二分音符を延ばさずにさっと切り上げ、次に移った。これで、新鮮な感情が一気にはじけて思わせぶりなフェルマータの意味はなくなり、その意図は演奏によって明らかにされていきます。適切な選択であったかどうか、これを独断と言ってしまえば論は停止します。むしろオーケストラ活動をする上で、音楽へのこうした積極性を、必要な実験として評価するのが妥当であるでしょう。第二楽章の変奏曲にはそうした思いがこもったのか、繰り広げられる四つの変奏には堅苦しい無愛想さがなく、良い気分にさせてもらった。第一と第二変奏のヴィオラとチェロ、第三変奏でのフルート、クラリネットなど木管の響き、リズムが伸びやかで爽やかに聴かせたのは驚きである。それを強く感じさせたのは第三楽章のトリオの冒頭で、チェロとコントラバスが軽さを伴った重厚な響きを、なに気なく鮮やかに鳴らしきったことだろう。第四楽章への移行部は響きに粗さが混在して、いささか緊張感を欠いたが、スケルツォから再現部へかけての熱い演奏に、明日への希望が感じられたのは幸いでした。

アンコールはJ.S.バッハの「G線上のアリア」。弦楽合奏の祈るような吐息が静かにもれて、腹の底まで降りてきました。(2018年7月16日)

(付記)

会場の響きが気になり、翌週の赤穂公演にも出かけた。同じ曲目なのに、別の音楽が現れたのには驚いたが予期していたことでもあった。姫路公演とどう違ったのか、少しばかり記しておきたい。

モーツァルトの曲では独奏管楽器の響きが鮮明で音の通りが非常によく、存在感を示した。度々オーボエ四重奏曲を聴くような印象を受けることがあったのは、そのせいだろう。オーケストラは弦楽器の響きの良さを得て独奏管楽器と自在に絡み、協奏交響曲を大きな室内楽のように鳴らした。オーケストラの弱奏はよく通り、管楽器の強い響きも浮き上がらず、バランスよく引き締まった演奏を披露した。このような様式の過渡期にある音楽作品は、こだわりなく自由に楽しむのがよろしいようです。

「運命」はまさに驚きの連続で、ホールの響きはかくも音楽の姿を変えるものであるかと、唖然とさせられました。アンサンブルはこれまで姫路交響楽団から聴いたことがないエネルギッシュなもので、響きの彫が深く音楽が多面的、立体的に聴こえてきた。「運命」が熱っぽい曲であると知りながら、これほどまでと思わなかったのは迂闊でした。逞しさ、高ぶり、まっしぐら、迫力、熱情といろいろ思い浮かびますが、いずれの言葉も熱っぽさの一面を表しています。そしてこれらの感情が演奏に乗せられて代わる代わる押し寄せてきたのです。これには圧倒されました。第四楽章のスケルツォから再現部、コーダへかけての昂揚感と歓喜の爆発は滅多に聴けないほど熱烈。大きな収穫になったことだろう。(2018年7月30日)

(第79回定期演奏会)中庸の道

人は新たな出会いを味わう楽しみがなければ、演奏会場に足を運ぶことはないでしょう。姫路交響楽団第79回定期演奏会で、シューベルトの交響曲第7番「未完成」を聴いてそれを実感させられました。

第一楽章冒頭の序奏から弦楽器の張りつめたような弱奏が美しく、繊細で透明な響きがコーダまで乱れない。音楽の流れも自然で芯が通り表情が次第に明瞭になった。この曲には人の世の悲喜こもごもの感情が執拗に捉えられ、表わされています。聴くにつれて親しみやすいと思えた音楽も、シューベルト自身の哀歓が隠しようもなく現れ、生き物のように絶えず表情を変えていきます。黒田氏はそうした感情の動きを分かりやすく表現するために、シューベルトになりきるのではなく、一歩手前で踏みとどまる中庸の道を選択したようです。何より、それで肩の力が抜け音楽の表情が朴訥になり味わいに凄味が生じた。シューベルトが日常の身辺から音をすくいとり、響きをつづり、ひたすら感情を連ねていく過程には、自分とは無縁の特別な出来事ではなく、日々の生活を淡々と記し並べていくだけで、音楽がただそこにあるものとして表わされていく様が見られます。それで充分足りていたのでしょう。黒田氏はそれを気負わず、大仰にならず、無理のない語り口で何でもない音楽として提示することで、シューベルトの想いは裸にさらされ、深い抒情と優しく誠実な音楽が現れたのです。

第二楽章でも弱奏に崩れはなく、管楽器が音楽に寄り添う様な表情を響かせます。オーケストラ全体の強奏が派手な響きで音楽の妨げになることもなく、ひとつひとつの音を大事にしながら余計な感情は排除、終始緊張感が演奏を支配し、静かな熱情がたぎり、想いのこもった音楽を生み出しました。オーケストラがさわやかな響きでありながらも、ずしりとして存在感を示し、これまでにない味わいの「未完成」を聴かせて成長を感じさせたのは大きな収穫でした。

もう一曲、ブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」は大変な熱演ながら、今一つ盛り上がらず焦点が定まらなかった。

まず木管と金管の組み合わせで構想の荘厳さを象徴する壮麗、豪放な響きは魅力的に仕上げられ、輝くような躍動感がありました。一方弦楽器は曲の始まりでの楚々としたトレモロが聴き取りにくいばかりでなく、全曲を通して強さが足りなかった。この演奏を一つの試みとして捉えるなら、管と弦による響きの調和をより工夫すべきだったでしょう。

アンダンテは感受性が強烈な楽章ですが、管楽器と弦楽器のデュナーミクのレベルが安定しなかったせいか響きがぼやけ、つかみどころのない演奏になった。そうした中、黒田氏はホルン、トロンボーンとコントラバスのピチカートによる響きで情趣ある雰囲気を醸し出し、いかにもブルックナーの静謐な一面を捉えて一興を呈しました。

アレグロの神秘的な表情を力強く示した表現と牧歌的な短いスケルツォは同様に忘れがたく、管楽器による壮麗な響きにも華がありました。ブルックナーの音楽は緻密で内には自分の想いを最良の形で伝えようとする気迫がたぎっています。決してオルガンのイミテーションではない木管と金管の響きやハーモニーを、バランスを取りながらゆっくり譜面に記していくような思慮の深さが音楽を魅力あるものにしています。だからこそ、その探求の想いが聴く者へ静かに染み込んでいくのでしょう。多様な音楽を演奏すればするほど音楽に敏感になります。今回の演奏が素晴らしい試みの一つとして記憶されることを望みたい。

アンコールはヨハン・シュトラウスのワルツ「美しき青きドナウ」。ブルックナーで疲れた耳を優しく包み込んでくれるような響きが心地よい演奏でした。シューベルトの「未完成」同様ワルツは肩ひじを張らずにいただくのがよろしいようです。そのためのマナーもだいぶ身についてきました。いや、これはウィーンのスイーツの話でした。それにつけてもこのオーケストラはワルツがうまい。すべて音楽はかく楽しみたいものです。次回も期待したい。(2018年5月4日)

上に戻る