練習日程のページに戻る

M氏の部屋~ある一ファンからのメッセージ~


姫路交響楽団の創立当時から演奏会を聴きにお越しくださる熱心なファンの方がいらっしゃいます。その方(M氏)が2002年の第48回定期演奏会から演奏会をお聴きになった感想を私たちに寄せていただくようになりました。これはあくまでも個人の方の私見ですが、多くの方たちにも是非読んでいただきたく、ご本人の了解の元、ホームページ上で公開する事に致しました。

このページでは上部に目次、その下に文章を掲載しております。読みたい演奏会の回数もしくは年度をクリックしてください。目次に戻る場合は各文章の最後にある「目次に戻る」をクリックしてください。


目次
(第77回定期演奏会)色彩の交響曲

姫路交響楽団の第77回定期演奏会で、フランス近代の音楽のなかで、きわめて特異なサン=サーンスの交響曲第3番「オルガン付」をメインとして聴いた。この作品が異質なのはロマン派やリストへの想いを、一人のフランス人が高らかにうたい上げたことにあるでしょう。サン=サーンスの語り口は知的で荘重、かと言って深刻ではなく孤高のロマンが香る交響曲になっています。

演奏は最初のアレグロ・モデラートにおけるヴァイオリンと管による神経質なおしゃべりのようなリズムと、その後にあらわれる主題の扱いが巧みで、音楽の流れを昂揚させてゆくプロセスは自然で説得力がありました。その上サン=サーンスはメロディストであり、その旋律が自ずとドラマを秘めているので、黒田氏はいたずらに表情を追わず堂々とした音楽を聴かせます。曲にひたすら印象的な刺激を吹き込んで、ロマンの風味をきわだたせたのでしょう。オーケストラはとびきりの表情を見せて演奏に余裕を感じさせました。

ポコ・アダージオは限りなく優美な旋律をヴァイオリンとオルガンがうっとりするような響きで紡ぎだし、この作品の特異性を浮かび上がらせます。オルガンはしっとりとした弦とのバランスがよく、センスのよさを聴かせます。指揮者の力強い判断はどの楽器にもゆきわたり、その指示に楽員達が順当に応えられる図式がこのオーケストラに定着してきたようです。全体として第一楽章は勢いとバランスのとれた作品の構造を捉え、申し分のない仕上がりとなりました。

アレグロ・モデラートは冒頭から主題の旋律が炎のように立ち昇ってきます。黒田氏がこの主題を本物の炎に見立てるかのように金管、木管、打楽器に熱い息を吹き込んでゆくと、オーケストラはここ一番のアンサンブルで水準の高さを示します。旋律のドラマ性を損なわないように黒田氏の指示はきわめて丁寧です。やがて本物の炎と見紛うような凄みのある音楽が姿をあらわしてきたのには驚きました。またプレストにテンポが変わるとき、ピアノのアルペジオとスケールの入りはすばらしく、知らぬ間に曲の核心に迫り、一瞬オーケストラの響きにピアノが加わって煌びやかになった独特の雰囲気にのみこまれそうになりました。機知に富む音づくりは短くとも輝くようであります。

ここに至るまで弦楽器、木管と金管の各セクションは共にバランスのよい響きでオーケストラを支え、聴き応えのある演奏を聴かせました。とりわけチューバとコントラバスは押し出しが強く、バスが華麗、重厚なずっしりした響きで圧倒的な力を得たのはまことに当然のことで、その結果マエストーソではオルガンとオーケストラの響きがうまく重なり、壮大なアンサンブルとなったのでしょう。冒頭のオルガンがその荘厳さを響かせた後、すぐに始まるフーガは曲中随一と言ってよい聴きもので、大変すばらしい演奏でした。以後フィナーレへ向かうオーケストラの響きには印象派の画家たちのパレットさながらに色彩があふれ出色の表現。オルガンとオーケストラがたたみかけるように祝砲を炸裂させると最後には音が光り輝き豪華絢爛、何とも言葉が追いつかないすごい表現でした。

当日の曲目は他に二つ。まず第一曲目はヴェルディの歌劇「運命の力」序曲。一段と水準の高くなったアンサンブルがしなやかさを増した響きをもって、ヴェルディ特有の感情の揺れを捉え、実り多い新たなドラマを聴かせてくれました。思えば内容がいかに深刻な悲劇であっても、人には楽しんでもらいたいとの思いが指揮にあふれ、それが屈託のない流暢でカッチリとした表現を生んだのでしょう。ドラマを超えた余韻がさわやかでした。

二曲目、フォーレの組曲「ドリー」はこれまで原曲のピアノ版でしか聴いたことがなかったのですが、頭であれこれ考えるよりも、黒田氏はゆったりした暖たか味のある音楽づくりで、それぞれの曲を演じ分けておりました。曲によってあらわされる趣には濃淡はあるものの、オーケストラが聴かせてくれるのは、それらのほんの少し。何もかもを味わい尽くさないところがお洒落で、それこそが子守歌の魅力なのでありましょう。飄々として余裕を感じさせました。

アンコールはマスカーニの歌劇「カバレリア・ルスティカーナ」より間奏曲。耳慣れた音楽であるのに、それでもきっちり張りつめた美しさを聴かせてくれました。内容の異なる三曲を新たなアプローチで聴かせて楽しみの多かった演奏会に感謝。
(2017年 4月22日)

目次に戻る
練習日程のページに戻る

 お問い合わせ、感想その他は hime-kyo@nifty.comまで